HOME > ボイストレーナー特集

ボイストレーナー特集

紗理
講師名
紗理

ジャズサックス奏者、中村誠一(T.Sax)の長女。高校3年の時、エラ・フィッツジェラルドに感銘を受けジャズヴォーカリストをめざす。洗足学園音楽大学ジャズ・ヴォーカルコースを首席で卒業。2008年、覚和歌子/谷川俊太郎監督のカンヌ国際映画祭出展作品『ヤーチャイカ』の主題歌を担当。同年、ボストンのBerklee College of Musicに留学、経験と実績を積む。2010年帰国後、関東近郊を中心にライヴ活動を行うほか、「味の素ギフト」「タイヤ館」「三ツ矢サイダー」などのCMソングやナレーション、ディズニーオンアイス2011では「アラジン」ジャスミン役、「美女と野獣」ベル役の日本語吹き替えの歌を担当する。現在、ジャズシンガーとしてソロ活動をする傍ら、出口優日(vo)と2人で立ち上げたジャズコーラスユニット"Chai-Chi Sisters"でも活躍中。2012年5月リリースのジャズシンガーakikoの新作Mini Album"Swingy Swingy with Chai-Chi Sisters"に参加。

このトレーナーの所属するボイトレスクールを見る>>

ボイストレーナーインタビュー

練習の時にどんなことに気をつけていますか?

(英語の曲を歌うことが多いので)歌詞の意味は徹底的に調べています。また、自分らしく歌うにはどうすればよいか考えながら練習しています。

レッスンをする時に気をつけていることはありますか?

私自身も、歌を学び追求していきたいと日々感じています。教えるというよりも、私の知っている知識をシェアする感覚でレッスンをしたいと考えています。音楽に正解はないので、生徒さんが、自由に楽しく歌えるよう、心掛けてレッスンをしています。

これからボーカルレッスンを受けようと考えている人にメッセージをお願いします。

独学で練習するのも良いですが、きちんと発声を学び、たくさんの歌い方を知ると、表現できる音楽の幅も広がると思います。ぜひ一度体験レッスンを受けてみてくださいね。

KOTETSU
講師名
KOTETSU

10代の頃よりブラックミュージックに傾倒し、洗足学園音楽大学ジャズ・ヴォーカルコースに入学。その後、渡米。奨学生として、Berklee College of Music、Professional Music学科を卒業後に帰国。洗足学園音楽大学卒業後は、首都圏を中心にプロミュージシャンとしての活動を開始。JazzやSoul、R&Bをベースにした独特の歌声が各方面に評価され、2011年には、俳優の織田裕二氏主演映画"アンダルシア"の劇中歌にその歌声が採用される。同年に、ジャズスキャットの高い技術を評価され、ジャズピアニスト、クリヤマコト氏が主催したアドリブコンテスト2011に於いて、東京部門で優勝し、日本ジャズ界のトップミュージシャンと共に、ビルボード東京に出演を果たす。これまでにボーカルを西田麻美、Dana Hanchard、Jerome Kyles、Jeff Ramsey、Gabrielle Goodmanの各氏に師事。

このトレーナーの所属するボイトレスクールを見る>>

ボイストレーナーインタビュー

普段はどんな練習をしていますか?

歌の練習と、それ以外にピアノやギターなど楽器の練習もしています。好きなシンガーの歌い方などを研究したりもしています。

ライブの時などは、どんなことを気にしながら演奏していますか?

その時々で環境も違うので、その場の空気感やお客様の雰囲気などにあった演奏を心掛けています。曲も合わせて、世界観を大事にするようにしています。

レッスンではどんなことに気をつけていますか?

歌を歌うだけではなく、ミュージシャンになるために必要なものをレッスンできればと考えています。曲の解釈や音楽理論なども合わせてレッスンし、音楽を理解してステージに立って欲しいと考えています。

吉水 孝之
講師名
吉水 孝之

主な経歴
1992年2月 BMGビクターよりメジャーデビューシングル「真夜中バイクを走らせて」発表
3月 ファーストアルバム「YOSHIMIZU TAKAYUKI」リリース、シングル「泣かないで」「心の翼」セカンドアルバム「遠い友人」をリリース
1993年1月 Bay-FMレギュラー番組「EDGE OF MIDNIGHT」にてパーソナリティを務める
7月 シングル「虹の架け橋」リリース
1994年6月 シングル「朝ーあしたー」リリース(赤井英和主演「雷電」主題歌)
2000年4月〜’01年5月 神戸KISS FMにてBLOWの沢村大和と共にパーソナリティーを務める
2001年 アニメ「はじめの一歩」エンディングテーマプロデュース
2004年 自身の音楽活動に加え、プロデュース・ボイストレーニング講師など幅広く活動中

このトレーナーの所属するボイトレスクールを見る>>

ボイストレーナーインタビュー

歌が上手いとはどういうことでしょうか?

声楽的に正しい呼吸をしている、正しい発声をしている・・・そんな人が上手い人なんでしょうか?もちろん正しい呼吸法や発声法は必要です。しかしそういうことが出来た上で求められるのは「個性」です。

どうやったら上手く歌えるようになるのですか?

まず「上手な歌」というものがどういうものかを、自分の感性で見つけることが大切だと思います。自分が「良い」と思う感覚を磨きましょう。音楽をたくさん聴いて、耳のレベルを上げてください。好きこそものの上手なれです!

音痴は治るのですか?

治ります。個人差はありますが、通常「音痴」な人というのはリズム(タイム感)と呼吸に問題があります。まずは身体全体を使って声を出すことを知ってください。リズムに合わせて手を叩いたり、身体を動かすことも効果的です。

ボイス・ボーカルトレーニングスクール掲載のお申込みはこちら

ギフト券プレゼント申請はこちら

登録スクールのログインはこちらから

このページの先頭へ戻る