HOME > 低音を出すためのボイストレーニング
  • ボイトレとは
  • スクール選びのポイント
  • 体験レッスンについて
  • カラオケのためのボイストレーニング
  • 話し方のボイストレーニング
  • 声優・ナレーターを目指す方へ
  • 高音を出すためのトレーニング法
  • 低音を出すためのトレーニング法
  • オンラインボイストレーニングについて
  • 自宅で出来るトレーニング法

低音を出すためのボイストレーニング

低音には限界があります

高音と違い、低音は声帯の長さによって変わってくるので、自分の音域を超えた低音を出すことは出来ません。 ですが、自分の出せる低音をより綺麗に響かせるようにする事は可能です。

低音をより綺麗に出すためには、胸を使って声を響かせる事が重要です。そのためにはしっかりと腹式呼吸をするようにし、一定の量の息を吐きながら声を出す必要があります。 こうして低音を綺麗に出せるようにすれば、音域の限界であっても強く響かせる事ができ、より厚みのある低音を出せるようになります。

チェストボイスについて

上記で説明したような、胸を使って声を響かせるようにして発声する方法を「チェストボイス」といいます。 普通に地声で話している時も殆どの人がチェストボイスにはなっているのですが、これを練習にて更に共鳴させることでより綺麗な低音を出せるようにするというものです。

チェストボイスが出来ているかの確認方法としては、肋骨に手を当てて低い声を出してみてください。そうすると肋骨が振動しているのを手で確認することができます。 この振動を強くするほど、より共鳴しているという事になり、綺麗な低音になります。 そのため、低音を出すときは肋骨に手を当てるようにして、どの姿勢が一番共鳴するのか、どの発声法が一番振動しているかを調べながら歌うようにしてみてください。 そうすることで、自分が一番効率良く綺麗に低音を出せるスタイルなのかがわかってきます。 更にここから、そのスタイルを維持したまま日々低音を出すことで、低音を出すのに必要な筋肉などが鍛えられていき、少しずつ綺麗な低音を出せるようになっていきます。

話す感覚で歌ってみよう

低音を出すのが苦手な人は、歌うことに意識を集中させている人が多いです。 元々人間は歌う声より話す声の方が低くなるようにできているので、低音の部分は話す感じで声を出すと、より自然に低音を出すことが出来ます。 その際には、落ち着いてなおかつハッキリ声を出してしゃべる感覚で声を出すと綺麗に低音を出すことが出来ます。

ただ話すように声を出すとリズム感などが薄れてしまいますので、最初は話すように歌うようにし、徐々にそこからリズム感やグルーブ感を足していき、歌っている感覚へと昇華させてみてください。

ボイス・ボーカルトレーニングスクール掲載のお申込みはこちら

ギフト券プレゼント申請はこちら

登録スクールのログインはこちらから

このページの先頭へ戻る