HOME > 高音を出すためのボイストレーニング
  • ボイトレとは
  • スクール選びのポイント
  • 体験レッスンについて
  • カラオケのためのボイストレーニング
  • 話し方のボイストレーニング
  • 声優・ナレーターを目指す方へ
  • 高音を出すためのトレーニング法
  • 低音を出すためのトレーニング法
  • オンラインボイストレーニングについて
  • 自宅で出来るトレーニング法

高音を出すためのボイストレーニング

高い声を出すためには

ボーカルスクールで歌を学ぼうと思っている人のほとんどが、高い声を出したいと感じているのではないでしょうか。 高い声を出すためには色々な方法があり、ボーカルスクールではその方法を主にレッスンすることになるでしょう。 そこで、ここでは高い声を出すためにどういったトレーニングをするかを紹介してみようと思います。

自分の本当の音域を調べてみよう

普通に歌って高音を出せない人は、地声が低い人になります。 こういう人の場合は、自分の音域が狭いため、高音は出せないと思い込んでいる方が多いです。

しかしそれは間違いで、実際はもっと音域が広く、高音が出せる場合が大半です。 ですので、普通に我流で歌って見て高音を出せないからといって諦めずに、一度ボイストレーニングスクールでプロに自分の本当の音域を調べてもらうといいでしょう。

この音域を調べるというのは体験レッスンなどでもやってくれるはずですので、自分は高音を出せないと諦める前に、一度プロに本当の音域を調べてもらってみてください!

音域を広げるトレーニング

ボイトレ教室で本当の音域を調べてもらったら、次はその限界の高音を常に出せるようなトレーニングを行います。

まず大切なのは、高音を出すために使う筋肉を鍛える事ですね。 高音を出すと苦しくなる人が多いですが、それは喉の筋肉量が少なく、高音を出すことによって喉仏が上がってしまい、喉が固くなるため苦しくなるのです。 ですので、喉の筋肉を鍛えることで喉仏の位置を維持したまま高音が出せるようになり、苦しくなることなく高音を出せるようになります。

この筋肉を鍛えるためには喉仏を上下させたり、下にある状態のまま固定したりするトレーニングを行います。 トレーニングを続けることによって喉の筋肉が鍛えられ、無理なく高音を出せるようなっていきます。

それでも高音が出せない方へ

どうしても地声が低く、高音が出せない場合でも諦めるのはまだ早いです。地声が低い人が高音を出すための方法として、ミックスボイスというものがあります。

ミックスボイスというのは地声と裏声の切れ目をなくし、自然につなげて高音を出すという方法です。 この方法を用いれば、地声では出せない高い音域の声を出すことができるようになります。 ただミックスボイスを出すためには、まずは地声と裏声をそれぞれ上手に発声できるようにし、そこから徐々に混ぜていく必要があります。 そのため独学での習得が難しく、プロの元しっかりとしたトレーニングを積む必要があります。

ですが、ミックスボイスを出せるようになると今まで歌えなかったような歌を歌うことが出来るようになり、また歌声も非常に綺麗になり、歌うことの楽しさがより大きくなります。 ミックスボイスを習得するのはボイストレーニングの華とも言えますので、プロを目指す方もそうでない方も、是非頑張って習得してみてください。

ボイス・ボーカルトレーニングスクール掲載のお申込みはこちら

ギフト券プレゼント申請はこちら

登録スクールのログインはこちらから

このページの先頭へ戻る