HOME > 話し方のボイストレーニング
  • ボイトレとは
  • スクール選びのポイント
  • 体験レッスンについて
  • カラオケのためのボイストレーニング
  • 話し方のボイストレーニング
  • 声優・ナレーターを目指す方へ
  • 高音を出すためのトレーニング法
  • 低音を出すためのトレーニング法
  • オンラインボイストレーニングについて
  • 自宅で出来るトレーニング法

話し方のボイストレーニング

話し方のボイストレーニングって?

ボイストレーニングは、歌い方のトレーニングに限られたものではございません。 教室によっては、「話し方のボイストレーニング」を行なっている所もあります。

特に最近では、ビジネスの場でのプレゼンテーションが重要視されたり、セミナーや交流会などが盛んに開催されているためか、綺麗な話し方を習得するためにボイストレーニング教室へ通う方が増えています。

もしあなたがプレゼンテーションを苦手と感じていたり、中々人とうまく話せず人と交流できないのであれば、ボイストレーニングをして「話し方」を学んでみてはいかがでしょうか?

良い印象を与えられる話し方とは

「話し方」には色々ありますが、ボイストレーニングスクールにて「話し方」をレッスンしようと考えている人は、自分の話し方をより綺麗にし"相手へいい印象を与えたい"と思っている人が多いのではないでしょうか。

そこで、この場合の「いい印象を与えられる話し方」について説明したいと思います。 一般的には、「ハキハキと」「明瞭に」「感情をこめて」話すだけで、相手へいい印象が与えられると言われています。特にプレゼンテーションなどのビジネスの場では、印象が悪いと会社間のビジネスに関わってくるので、できる限り上記の点に注意した話し方をすると効果的ですね。

ただ、こういった「いい印象を与えられる話し方」というのはすぐに会得出来るものではありません。正しいボイストレーニング方法のもと、しっかりとレッスンすることで会得出来るようになります。

話し方のボイトレのレッスン内容について

ボイトレ教室によって変わってきますが、話し方のボイストレーニングを行なっているスクールでは、下記の点を重視したレッスン内容になっています。

1:声の強弱
声が大きすぎるときつい印象を与えますし、小さいと自信がないような印象を与えます。 これを適切なボリュームに変え、なおかつ明るく聞こえるようなトーンで話す事で、相手にいい印象を与える事ができるようになります。 声の大きさというのは、声帯を振動させる空気の量によって変わってきて、その空気の量は肺活量で決まってきます。ですので、肺活量を鍛え、勢い良く適切な量の空気を声帯に送り込めるようなレッスン内容になります。

2:明瞭さ
会話中に話している事を何度か聞き返された事はありませんか?滑舌が悪いと相手に正確に話が伝わらなく、自信が無いという印象を与えてしまいます。 これを克服するためには、舌や口をなめらかに動かす必要があります。 ボイトレ教室では正しく滑舌をよくするためのレッスンを行なってくれます。

3:表現の仕方
ビジネスの話では相手に信頼されるような話し方、出会いの場では優しく和やかな話し方など、場に応じて求められる話し方は変わってきます。そういった場ごとの話し方の使い分けの方法から、効果的なプレゼンテーションの方法など実践的なトレーニングをしてくれるスクールもあります。

こういったレッスンをすることで、「いい印象を与えられる話し方」を身につけることができます。 ですので、「話し方」で悩んでいる方がおられましたら、上記のようなレッスンを行なってくれるボイストレーニングスクールを探してみるといいですね。

ボイス・ボーカルトレーニングスクール掲載のお申込みはこちら

ギフト券プレゼント申請はこちら

登録スクールのログインはこちらから

このページの先頭へ戻る